「父の日」にヤビツ峠へ   

6月の第三日曜日は父の日だそうです。
c0194171_01161448.jpeg
私も娘から電動歯ブラシなどを贈られ、嬉しい一日でした。
c0194171_01173232.jpeg

我が父は先週の退院から一週間を経て、少しシャッキリとしてきましたが、
如何せん一か月ベッドで過ごしてしまったために落ちてしまった筋肉はすぐには戻りません。
気持ちはあっても、どうしても動きがぎこちなくなってしまいます。
それでも嫌がらずに、庭いじりしたり、散歩したり、風呂に入ったりと少しずつ平常の生活を取り戻しています。

そんな父をフォローする意味もあり、自家用車を購入しました。
父に運転を諦めさせるために自家用車を手放し、
レンタカー生活に切り替えた顛末は2011年6月末にここにも書かせていただいたかと思います。
これも父の日のプレゼントということになるのかもしれません。

さて、そんな週末の18日、日曜日、
夕方に納車があるので16時までの帰着がノルマでした。6時起床、7時過ぎ出発で、雛鶴峠とも思ったのですが、道が不案内だったこともあり宮が瀬から裏ヤビツを上がることにしました。
夕方から雨予報で、雲がかかっており、前日よりかなり肌寒く、ウインドブレーカーをしばらく着て走りました。
昨年購入してなかなか履けないでいたSIDIのシューズを下ろして出かけました。
しめつけがきつかったのか、脚が重く痺れます。
橋本のミニストップで小休止して一度靴を脱ぎマッサージをして、締め付け具合を調整したら改善しました。
c0194171_01221706.jpeg
古いシマノのシューズではこうした痺れはないのですが、クリートの角度のためか膝の裏筋に痛みが出ます。
本当に自転車との接点の部分は微妙で難しいです。
そしてもう一つの悩みが、チューブレスホイールの空気漏れです。
特にタイヤを交換した後輪がひどく、半日持たなくなってしまいました。
今日も予備のCO2バルブをサドルバックに入れての出撃でした。
宮が瀬の上り口にあるサンクスにロードバイク用の駐輪スタンドが出ていたので、ダメもとでロードバイクに使えるポンプがあるか問い合わせたら、店の奥からPanaracerのしっかりしたポンプを出してきてくださり快く貸してくださいました。
まさに「地獄に仏」を見たような気がしました。
指で押してもわかるくらいまで減っていた後輪にキッチリと定量まで空気を入れることが出来ました。
c0194171_01211674.jpeg
裏ヤビツは道が狭く舗装が悪いという印象で自分の中では敬遠気味でした。
しかし路面はさほどに悪くなく、対向車さえ来なければ気持ちよく走れました。
c0194171_02131552.jpeg
風もさほどなかったので、印象が良かったのかもしれません。
後半の勾配が5%を越える区間に入ると、奥さんが気持ちよくケイデンスを上げて先行していきました。
2週間ぶりの実走となる僕には、自分の体力が測れない部分があり、無理せずペースを保っていきました。
息が上がらない程度のペースを保って気持ちよく上り切りました。
c0194171_01283387.jpeg
c0194171_02141745.jpeg
11時前にヤビツ峠に到着。
すぐにウインドブレーカーを着込みました。
c0194171_01290449.jpeg
表からも裏からもひっきりなしにローディーが上がってきます。
この看板の前には常に記念撮影の自転車乗りがいるという賑わい振りでまさに「聖地」という感じでした。
後ろの時間もあり、昼食のことも気になっていたので滞在3分で下り始めました。
湧水をボトルに満たし(この湧水は煮沸消毒推奨とありましたが……。)軽快に下りました。
そして、宮が瀬はパスして、往路でポンプを借りたサンクスまで戻り、昼食としました。
c0194171_01370768.jpeg
大盛りのミートスパゲティにノンアルコールビール。
奥さんの購入した親子丼も半分以上いただき、さらにデザートにはティラミスまで。
お腹も十分に満たし、尾根幹線から新百合に抜けて、HATAで夕飯用のとんかつなどを購入し背負ってよみうりランド前を経由して帰りました。
14時30分に帰着できました。
玄関先でポツポツ降り出した雨はあっという間に本降りになってしまいました。
夕方までは降らないという予報だったので、驚きました。
120km走ることができました。
風呂に入り、競馬中継などを少し見て、少し仮眠したかったのですが雨の中を山を歩いて下り、
2時間ほど契約の最終手続きと車の状況確認をして8時前に車で帰宅しました。
ささやかですが父の日のプレゼント。
c0194171_01471062.jpeg

そして僕もとんかつを美味しくいただきました。
c0194171_01535903.jpg


16日金曜日夜に娘が泊りに来て、ケーキとプレゼントを用意してくれました。
c0194171_01561056.jpeg
17日土曜日は早朝からレンタカーを借り出して
娘と両親も乗せて川口へ。
お義母さんのお見舞いも兼ねていたのですが、すっかりお世話になってしまいました。
早めのお昼をいただいた後、女性陣はコストコへ。
僕は少し昼寝した後、近くの緑化センターに父を連れ出して散歩してきました。
帰りは首都高速が渋滞しましたが19時には帰宅できました。
週末に両親と過ごす時間を確保してくれる奥さんに感謝です。

夜のうちにガソリンを満タンにしてレンタカーを返却しました。
しばらくはレンタカー生活からマイカー生活に転換します。
レンタカー生活の気軽さと軽快さは車にこだわりを持たない僕にとってはなかなか魅力的でした。
あれば便利な自家用車ですが、それを維持するための出費や労力はバカになりません。
たまの週末にしか乗らないドライバーにとってレンタカー生活はもっと検討されて良いものであるような気がするのですが……。





# by zairen | 2017-06-19 02:03 | 自転車 | Comments(1)